dental plus 星ヶ丘デンタルプラス

MENU ≡

スタッフブログ

新型コロナウイルス対策に効果的な栄養アプローチ

2020年3月5日

連日、ニュースでは新型コロナウイルスについて報道されています。

 

手洗い・うがい・マスクなどの基本な予防策はもちろんのこと、

身体の内側からも感染症対策を行っていく必要があります。

 

そこでとても大切になってくるのが、

毎日の食事からしっかり栄養を摂り「免疫力を上げる」ことです。

 

当院のスタッフも食事とサプリメントの摂取によって健康管理を徹底しています。

今回は、当院でも導入している栄養療法の観点から、どのような栄養素を摂ることが感染対策に繋がるのかを伝えします。

 

栄養写真

 

まず、ウイルスがのどなどの粘膜に付着したときに、粘膜が粘液にしっかり覆われていることがとても重要になります。

粘液はムチンという水分を多く含んだネバネバした成分でタンパク質からできています。

不足してしまうと、口臭や虫歯の原因になってしまうので健康なお口の中を保つためにも必須の栄養素です。

 

鼻や口、のどは外の世界と繋がっているため、ほこりやウイルスなどから体を守らなければなりません。

粘膜はほうきのような毛で覆われ、パタパタと動くことで異物を追い払おうとしています。

その表面にある粘液はビタミンAから作られ、細菌やウイルスを排除しようとはたらきかける機能を持っています。

また細菌やウイルスの感染を防ぐために必要な抗菌タンパクが分泌されるためには、ビタミンDが必須です。

 

これらの体に備わっている防御システムが上手く機能せず、ウイルスが侵入し感染した場合、のどが痛くなる、関節痛、発熱といった症状が起こります。

このときに炎症を抑えるはたらきをするのがビタミンCなので、普段から積極的に食事やサプリメントから摂取しておくことが大切です。

 

このようにウイルス感染までの経路をひとつずつ見ていくと、多くの栄養素によって人間の体は守れていることが分かります。

 

ぜひ今の食事を振り返っていただき、感染症への対策に有効な栄養の摂り方を心掛けてみてください。

 

☆ 感染症対策 栄養アプローチ ☆

・タンパク質:お肉、お魚、卵、大豆製品

 炭水化物(ごはん、パン、麺類) に偏った食事にならないように、おかずを中心に。

・ビタミンA:ウナギ、レバー、ニンジン、バター

・ビタミンD:シラス、シシャモ、サケ

・ビタミンC:パプリカ、ピーマン、ブロッコリー、菜の花

 

サプリメント1

 

また食事だけでは十分に栄養を摂ることは難しいので、積極的にサプリメントも活用していきましょう。

当院では、患者様お一人お一人に合わせて必要なサプリメントのご案内も行っております。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院では、オーソモレキュラー栄養療法を導入しております。

 

口腔内の症状を大きく左右する要因の一つに” 栄養 ”が関わっています。

どんな栄養素が健康な歯、歯茎、唾液をつくるためには欠かせないのか?

管理栄養士が患者様のお悩みに合わせたお食事をご提案いたします。

 

南部先生カウンセリング1

 

まずはお気軽に無料の栄養相談へお問合せください。

毎週水曜日 受付中 9:30~18:00

星ヶ丘デンタルプラスTEL 052-788-7270

 

河津桜

2020年3月3日

河津桜

こんにちは。

当院近くの歩道の河津桜は見頃を迎えております。

当院では新型コロナウィルス感染対策として、ご来院いただいた患者様には入口での手指消毒をお願いしております。

また、混雑する時間帯を最低限にするために、同じ時間帯の予約はある程度人数を絞って対応させていただいております。

しかしながら、やむを得ず混雑してしまう場合もありますので、待合室ではマスクの着用をお願い致します。

ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。

宴会シーズンに必須の栄養素 ” 亜鉛 ” 

2019年12月25日

これから宴会シーズンでお酒を飲む機会が増える年末年始。

 

お酒を飲む日が続くと、翌日は「体がだるい」「不調を感じやすい」なんてことはありませんか?

飲み会

本日は、楽しく年末年始を迎えた後にも元気にお過ごしいただけるように

、栄養の観点からお話しさせていただきます。

 

お酒を飲んだときに体の中ではどんな働きが行われているのでしょうか。

 

アルコールの分解には酵素が使われ、その酵素を活性化させるのが「亜鉛」

アルコールを過剰に摂取している方は、亜鉛の需要が増えるため、欠乏しやすくなります。

またコンビニ食や冷凍食品などの加工食品を日常的に摂られる方も不足しやすいと言われています。

 

以下のお悩みをお持ちの方も亜鉛が不足しているかも。

・口臭が気になる

・皮膚トラブルが多い

・爪が割れやすい

・抜け毛が気になる

 

亜鉛は、300種類以上の酵素の活性を上げるのに大切な役割を持ち、口腔内の機能の維持にも深く関わっています。

歯写真

食事をするたびにお口の中のpHは酸性になり、歯の成分が溶け出しますが、唾液の作用によりpHは元に戻り(緩衝作用)歯の成分も元に戻ります(再石灰化作用)。

亜鉛はpHを中性に戻すという重要な役割を果たしているのです。

 

また味覚異常も亜鉛不足の代表的な症状です。

舌にある味蕾細胞の新陳代謝にも関わり、味を薄いと感じるような味覚異常のケースでは、亜鉛が十分に摂れるようなお食事をご案内します。

 

亜鉛は、動物性食品(肉・魚)に多く含まれ、この時期は特に牡蠣がおすすめです。

赤身の牛肉や豚レバーを積極的に召し上がっていただいたり、煮干しをおやつ代わりにしていただくのも良いですね。

 

宴会シーズンも体調を崩さず、元気にお過ごしいただくために、毎日の食卓に亜鉛が摂れるようなお食事を心がけてみてください。

 

 

 

 

お口の健康はたんぱく質がカギを握る

2019年11月27日

私たちが口にしている栄養素のうち、

たんぱく質・脂質・糖質は「3大栄養素」と言われ、

生きる上で欠かせないエネルギー源です。

 

栄養写真

 

たんぱく質のことをProtein(プロテイン)と呼んだりもしますが、

元々の語源はギリシャ語のProteios(プロティオス)で

「第一となるもの」という意味があります。

 

それだけ人間にとって重要な栄養素ということになります。

 

たんぱく質は、エネルギー源となる以外にも多彩な役割を果たしています。

 

たんぱく質の3つの大きな役割

①筋肉、皮膚、毛髪、爪、粘膜などの材料となる

②血中で酸素を運ぶヘモグロビン、栄養素を運ぶアルブミンの材料となる

③食べた物を消化する酵素、睡眠の質を高める・安心感を与えるホルモン、免疫をつかさどる抗体の材料となる

 

など、健康なからだと安定的なこころを作るのには欠かせない栄養素なのです。

 

歯科治療においては特に歯肉の健康状態が大切になりますが、

歯肉の60%を占めるコラーゲンはたんぱく質と鉄、ビタミンCから作られています。

 

歯肉は新陳代謝が早く、敏感で変化が表れやすいのが特徴です。

細胞の入れ替わりの周期は、皮膚では28日、骨では200日とされていますが、

歯肉ではなんと5日。

 

図1

ということは、栄養状態がダイレクトに影響されるので、毎日の食事がとても大切になってきます。

 

たんぱく質がしっかり摂れていれば、歯肉からの出血や炎症なども改善しやすくなりますが、

足りていなければ歯科治療を受けていてもなかなか治らない、、、なんていうこともあります。

 

また病原体を排除する機能をもつ”唾液”もムチンというたんぱく質の一種から作られているので、

口が乾きやすい、口臭が気になる、虫歯や歯周病などの炎症がある方もたんぱく質は必須です。

 

身体と心の健康のために、

お肉、お魚、卵、大豆製品などたんぱく質を多く含むお食事を心がけてみてください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院では、オーソモレキュラー栄養療法を導入しております。

 

口腔内の症状を大きく左右する要因の一つに” 栄養 ”が関わっています。

どんな栄養素が健康な歯、歯茎、唾液をつくるために欠かせないのか?

管理栄養士が患者様お一人おひとりに合わせたお食事についてお話しします。

歯科 オーソモレキュラー

無料 栄養相談

毎週水曜日 受付中 9:30~18:00 

まずはお気軽に栄養相談へお問合せください。

原因不明の不調は「かくれ貧血」かも

2019年11月20日

鉄は、人間が生きていく上で欠かせない栄養素で体内で重要な機能を担っています。

 

血中のヘモグロビンの材料になり酸素を運ぶ

骨・皮膚・粘膜を作り新陳代謝に関わる

白血球の働きに関わり免疫力を高める

コラーゲンの生合成する

情動や意欲をコントロールする

 

近年、老若男女問わず鉄不足の初期の段階「かくれ貧血」の人が増えてきているのはご存じでしょうか?

原因がはっきりしない以下のような症状でお困りの方は、もしかしたら鉄不足が原因 かもしれません。

 

・朝起きるのがつらい

・つかれやすい、肩が凝りやすい

・頭痛や頭が重たいことがある

・注意力が低下している

・いらいらしやすい

・身体を動かすと動機や息切れがする

・むくみがある

・爪が変形し、割れやすい

・食欲不振

 

栄養欠乏かな? 

 

症状が顕著に出ている方であっても、一般的な血液検査の診断では貧血と判断されない場合も多く、

潜在的に鉄分が不足している  =「かくれ貧血」といえる病態が存在することは

あまり広く知られていません。

 

鉄が不足しやすい方の例としては、

月経のある女性はもちろんのこと

胎児や乳児に栄養を与えている妊娠・授乳期のお母さん

成長期のお子さん

ダイエット中の方

胃酸の分泌不足(ピロリ菌、胃切除)

慢性消化管出血(がん、消化管潰瘍)

婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症) などです。

 

鉄はとにかく吸収されにくい栄養素なので、

効率よく吸収されていくヘム鉄を含むお肉やお魚を積極的に摂っていただくことがおすすめです。

ヘム鉄非ヘム鉄

※ヘム鉄の吸収率は15~25%

非ヘム鉄の吸収率はたったの2~5%

 

当院では、様々な鉄不足を評価する血液データの指標と

患者様の口腔内、全身症状から歯科治療と栄養指導を行っております。

 

・歯茎から出血する

・知覚過敏症がある

・あごの関節に違和感や痛みがある

・歯磨きの際に嘔吐感がある

・食べ物が飲みにくいことがある

 

以上の方も、鉄不足を改善することで口腔内症状の改善が期待できます。

 

ご予約は 052-788-7270

〒464-0025
名古屋市千種区桜が丘50 1F
TEL 052-788-7270

診療時間
09:30~12:30 ×
13:30~18:00 ×

●休診日:日曜日/祝日
●駐車場のご案内
店舗1階に5台分の駐車場があります。
混み合いますので、なるべく公共機関をご利用ください。
近隣の提携駐車場がご用意でき次第お知らせいたします。